イヌフィラリア症 狂犬病 パルボウイルス感染症 ジステンパー コロナウイルス感染症 イヌ伝染性肝炎
ケンネルコフ イヌヘルペス感染症 ネコ伝染性腸炎 ネコ免疫不全ウィルス感染症 バルトレナ症 その他の病気
熱中症 バベシア症


病気の豆知識

ネコ免疫不全ウイルス感染症について


ネコのウイルスの中では、比較的最近発見されたもののひとつ。
ヒトのエイズウイルス(HIV)と同様のウイルスだが、
ネコの固有なものなので、ネコ以外には感染しない。
ネコエイズと同時に、ネコ白血病ウイルス感染症などを併発することもある。


原因


 ネコエイズウイルスの感染によって発病する。

 このウイルスは感染力が弱く、ネコ同士の通常の接触や交尾、グルーミングなどでは滅多に感染しない。
 また、母ネコの母乳から子ネコに感染することはなく、子ネコが感染した状態で産まれてくることも稀である。
 しかし、このウイルスに感染すると、ネコの体内から消えることはほとんどない。

症状


 まず、感染1ヶ月後くらいに一時的に熱を出し、全身のリンパ節が腫れる。その後、これらの症状は治まるが、
 数ヶ月から数年して、再びリンパ節が腫れだし、徐々に免疫の働きが弱まっていく
 感染しても無症状のまま、寿命を迎えるネコもいる。

 再発症後の症状は非常に様々で、口内炎、鼻炎、結膜炎、外耳炎、皮膚病、下痢などがあり、これらの症状が慢性化して、
 非常に治りにくい状態になる。

 末期になると、急激に痩せ、貧血も進み、悪性腫瘍や日和見感染が見られる。次第に治療の効果もなくなり、数ヶ月以内に死亡する。

治療


 症状が出ていない場合、その時点では治療法はない。
 口内炎や下痢など、エイズの症状が出始めたら、それぞれの症状をやわらげるための対症療法を行う。

 感染していても、屋内でストレスを与えないようにすれば、寿命を延ばすことも可能である。

予防


 現在、このウイルスに対するワクチンはない。

 最善策はネコを屋外に出さないことである。外に出ることのあるネコには、必ず去勢や不妊手術を行い
 ケンカの機会が減るように工夫する。




(TOP)    このページの先頭へ↑