イヌフィラリア症 狂犬病 パルボウイルス感染症 ジステンパー コロナウイルス感染症 イヌ伝染性肝炎
ケンネルコフ イヌヘルペス感染症 ネコ伝染性腸炎 ネコ免疫不全ウィルス感染症 バルトレナ症 その他の病気
熱中症 バベシア症


病気の豆知識

イヌ伝染性肝炎について


イヌ科の動物だけに感染するウイルス性肝炎で、
特に離乳直前から1歳未満の子犬では、感染率も致死率も高い病気。


原因


 アデノウイルスに感染することで発症する。アデノウイルスには1型と2型があり、肝炎を起こすのは1型である。
 ちなみに2型は、イヌ伝染性喉頭気管支炎ウイルスと呼ばれている。

 感染経路は、発病したイヌ、あるいは回復したが、体内にこのウイルスを持っているイヌの尿や唾液、あるいはウイルスに
 汚染された食器や衣類を、他のイヌがなめること(経口感染)によって起こる。

 口から侵入したウイルスは、リンパ節に入り、さらに血液によって全身の臓器に運ばれる。特に、肝臓の細胞に大きな
 障害が起こり、急性の肝炎になる。

 このウイルスは、イヌが病気から回復した後も約6ヶ月間は腎臓に多く存在し、尿中に排出され続ける
 このようなイヌの尿は見逃すことのできない感染源なので、複数イヌを飼っている場合は、感染したイヌを隔離するなどの
 注意が必要である。

症状


 症状は一定していなく、その現れ方はさまざまである。
 命にかかわる危険なケースもあれば、ほとんど症状のないものもある。

  ・突発性致死型 2〜3時間前まで元気にしていた子犬が急に腹痛を起こし、高熱を出して虚脱状態におちいり
 時には吐血血便などの症状が現れ、12〜24時間以内に死亡してしまう。

  ・不顕(フケン)性型 何の症状も現さない。

  ・軽症型 やや食欲が低下して元気がなく、鼻水が出たり、39℃程度の微熱が出る。

  ・重症型 2〜8日の潜伏期間を経て、イヌはだんだんと元気がなくなり、鼻水を流し40 〜41℃の
 高熱
が4〜6日続く。その後、食欲がなくなり、下痢嘔吐が見られたり喉の渇き
 扁桃の腫れ口の粘膜の充血点状出血まぶた・頭・体のむくみなどが見られる。
 急性の肝炎を起こし、腹部が痛いため触られるのを嫌がる。
 このような状態が4〜7日間続いた後、急速に治癒にむかう。回復期には、目の角膜に
 青白い濁りが見られることもある

治療


 このウイルスに有効な薬はないので、治療は、肝臓の再生と機能の回復を促すための対症療法と、食餌や安静などに
 気を配る飼養管理が重要となる。

 肝臓に十分な栄養を供給するため、ブドウ糖、リンゲル液、総合アミノ酸などの輸液を行ったり、肝臓の働きの回復を
 はかるため各種のビタミン剤や強肝剤を投与する。出血又は貧血がひどい時は、輸血が必要な場合もある。
 二次感染するととても危険なため、感染予防のための抗生物質も投与する。

 食餌は症状が著しい間は、獣医師がすすめる療法食を与え、回復後もしばらくは安静を保ち、食欲が出てきたら
 肝臓に十分な糖、たんぱく、ビタミン類などの栄養を保持させるよう努める。
 なお、回復期に見られる角膜の濁りは、多くの場合は自然に治るため、特に心配はいらない。

予防


 1年に1回混合ワクチンの中に組み込まれているアデノウイルス2型ワクチンで予防が可能である。
 
アデノウイルス2型はケンネルコフの原因になるウイルスでもあるので、このワクチンで両方の病気の予防ができる。



(TOP)    このページの先頭へ↑