イヌフィラリア症 狂犬病 パルボウイルス感染症 ジステンパー コロナウイルス感染症 イヌ伝染性肝炎
ケンネルコフ イヌヘルペス感染症 ネコ伝染性腸炎 ネコ免疫不全ウィルス感染症 バルトレナ症 その他の病気
熱中症 バベシア症


病気の豆知識

バルトレナ症について


猫ひっかき病、通称バルトレナ症という。
その名の通り、猫に引っかかれて起こるが、
その他咬まれたりすることで感染するズーノーシスである。
日本ではこの病気自体があまり知られていない。
感染し発症してもそれほど重い症状になること少ないが、症状が長く続くこともある。

原因


◎ヒトの場合
 病原体はバルトネラ菌であり、この菌を保有した猫に咬まれたり引っかかれたりする事により感染する。
 また、猫−猫間、猫−犬間をノミが媒介している事があるが、そのノミが直接人間を咬む事によっても
 感染する事がある。

◎動物の場合
 ヒトの場合に同じ。


症状


◎ヒトの場合 数日〜2週間程度の潜伏期間の後、傷口部分の丘疹(※1)や膿痕(※2)、発熱
 疼痛(※3)等を発症の他、数週間から数ヶ月続くリンパ節の腫脹(※4)が主な症状。
 稀に(約0.25%)脳症を併発することもある。
 脳症はリンパ節腫脹の1〜3週間後に、突然の痙攣発作や意識障害によって発症する。

◎動物の場合
 感染した犬猫は菌血症(※5)を起こすが、特別な症状は示さない

 

治療

 

◎ヒトの場合
 リンパ節の腫脹が軽い場合は自然治癒を待つ。
 リンパ節の腫大、疼痛が明らかな場合は抗菌薬を投与する(明確な効果は認められないが)。

◎動物の場合
 保菌状態でも基本的には無症状であるため、治療の対象にはならない

予防


◎ヒトの場合
 @猫の保菌状態は不明なので、ペットにも注意する。
 A猫の爪は切っておく
 B猫を過剰に興奮させ、引っかかれたり咬まれたりしないようにする
 Cノミの定期的な駆除予防を行う。
 Dもし感染の疑いがある場合は、犬猫と接触した事を医師に伝える。

◎動物の場合
 ノミの定期的な駆除

まとめ


 前述の通り、この病気は日本ではあまり知られていないので、国内での報告件数はあまりない。
 だが、アメリカでは患者が年間4万人を超えていると言われている。
 またこの病気の発生は4月〜12月にかけてが多いので、 ノミの発生・増殖と関係があると思われる。
 なので、この時期は特に注意が必要。
 この病気の予防の基本は、ノミの駆除と犬猫に引っかかれないことなので、
 そこに気をつければまず問題ないだろうと思われる。


用語解説

※1:
皮膚に、小さく硬い隆起した(平らでない)ものが出来た状態

※2:
膿の痕が残ること?

※3:
うずくような痛み

※4:
腫れること

※5:
血液中に細菌が存在する状態



(TOP)    このページの先頭へ↑